起きてから水を飲む習慣で簡単に快便生活へ

16 5月

起きてから水を飲む習慣で簡単に快便生活へ

毎朝出勤、登校時間のギリギリまで寝ているから朝は何も口にせずに慌てて出て行っている。という人だと便秘に悩まされていることも多いかも知れませんので要注意です。
本来ならば排出されるべき便が出されないというのは常にお腹が張ってしまって気分もよくありませんし、何よりも健康に良くないと断言できるのでなんとかして解決していきましょう。

たったこれだけのことで

やはり朝食はきちんと食べた方が健康にはなれるのですが、職場や学校が遠いとあまりのんびりもしてられません。そのような状況だとしても起き抜けに一杯の水を飲むのは忘れないでください。
水素水やミネラルウォーターといったものでなくてはいけない。なんて言いません。ごく普通の水道水でも大丈夫なので、起きた直後にしっかりとコップ一杯分を飲み干しましょう。
そうすることによって腸をしっかりと目覚めさせることができますし、快便へと繋げるでしょう。できればその後でしっかりと朝食を摂るのが望ましいので早起きしてください。

どうしてもご飯を食べるような時間が取れない。というのならば栄養価が高いとされているバナナを一本食べるだけでもだいぶ変わってくるので、きちんと用意するのがいいでしょう。

朝は余裕を持って

低血圧の人だと毎朝起床するのが本当に苦痛かもしれませんが、30分早く起きてみるだけでも余裕が生まれるので試してみてください。大切なのは習慣づけることだと言えます。
確かに、無理して起きるのは大変でしょう。できればこのまま会社や学校を休みたい…!と思うのも無理はありませんが、ギリギリまで寝てしまっていると身だしなみも整えられません。
女性ならば男性と違ってきちんと化粧する時間も必要になってくるので、早起きも厳しくなってしまうかもしれませんけれども、意思を強く持ってさえいれば不可能ではないはずです。

早起きをきちんとして水を飲み、結果として快便生活が送れるのならば見返りは充分だと考えられるので、早速挑戦してみてください。